バイオ・ライフサイエンス
日本
アドバイザーからのポイント

トランスジェニック社が販売を担当することになったが、次の柱としてPDSX(Patient Derived Spheroid Xenograft)の開発により創薬支援、診断支援サービスを提供。

会社概要

設立年2017年
従業員数1-10人
資本金0.1-1億円
直近の売上高1億円以下
ステージシード
分野

事業概要

大腸がんに対し、一律的ではない個々の患者さんに合った個別化医療を実現するための医療サービスを開発しています。

独自のがん細胞培養技術(PDSX)を活用して、大腸がん患者個人のがん細胞に対してどの抗がん剤が有効かの検査を行う診断支援サービス(薬剤感受性試験)を提供する予定です。

主な顧客・取引先医療機関
今後の事業展開前臨床及び臨床試験