バイオ・ライフサイエンス
台湾
アドバイザーからのポイント

AIによる医療用画像処理・解析により、超音波検査の標準化と品質管理が可能になります。

会社概要

太豪生医股份有限公司
設立年2013年
従業員数1-10人
資本金非公開
直近の売上高非公開
ステージアーリー
分野

事業概要

ハンドヘルド超音波検査用の乳房スクリーニングシステムは、臨床医が乳房の超音波画像をスキャン後の診断をサポートするシステムです。超音波画像を確認できるほかにも、スキャンの方向と位置やスキャンの角度などのポジショニング情報も同時に記録できるため、医師はデータをもとに超音波画像を選択し、診断を行うことができます。また、スキャンミスのアラート機能や、腫瘍の疑いがある場合の通知機能も搭載しているので、超音波検査の標準化と品質管理が可能になります。これは、現在既存の超音波診断システムにはない技術であり、市場にあるすべての乳がん超音波検査機器に応用することができます。

製品の特徴:
1.超音波検査の標準化と操作時間の短縮
2.AIによる医療用画像処理・解析
3.医療従事者が乳房の疑わしい部分の分析と分類をサポートし、乳がんの迅速なスクリーニングソリューションを提供
4.クラウドサービスを通して、都市部と農村部の医療格差を是正し、臨床診断の質の向上、医療費の削減をサポート

このシステムは、特に一般的な産婦人科医院に適しているほか、医療資源が不足している地域への導入にも適しているため、乳がん検診の普及の推進が期待できます。また、3D乳房自動超音波診断装置などのハイエンド医療材料が、各医療センターや地域の病院に導入されていくことで、当社の「3D乳房自動超音波リーディングシステム」も徐々に利用されてきました。今後これらの製品は、現在企画開発中の「クラウド医療分析プラットフォーム」と連携して使用することができます。乳がん検診を行う医療機関は、スキャンした画像をクラウド医療プラットフォームにアップロードして、クラウドCADプラットフォームを通じて、BI-RADSなどのデジタルレポートを乳房専門医に提供し、診断を行ってもらうことが可能になります。専門医はセカンドオピニオンやレポートを第一線の医療機関に提供します。

製品・サービスBR-FHUS Smart System - ハンドヘルド超音波検査用の乳房スクリーニングシステム
BR-ABUS Viewer - 3D乳房自動超音波診断システム
主な顧客・取引先エンドユーザー:放射線技師、乳腺外科医
中間層ユーザー:公立・私立病院、診療所、健康診断センター
上層ユーザー:当地の販売業者、超音波販売業者

少しでも気になった場合はお問い合わせください。掲載企業の詳細な資料のご提供と、貴社ニーズに合わせた提案を致します。