バイオ・ライフサイエンス
台湾
アドバイザーからのポイント

3D光学ポジショニングと専門的な医療用ソフトウェアをコア技術とした外科手術用ナビゲーションシステムは主に脳神経外科、頭蓋顎顔面外科、耳鼻咽喉科、整形外科、口腔顎顔面外科などでの低侵襲手術と安全かつ正確な位置選定に使用されています。

会社概要

医百科技股份有限公司(EPED Inc.)
設立年2007年
従業員数11人-50人
資本金-0.1億円
直近の売上高非公開
ステージミドル
分野

事業概要

医百科技(EPED)は専門的な医療機器ブランドとして、低侵襲手術分野のリーディングカンパニーとしての自信をもち、「安心した医療、精密なAI、革新的な効率化」を主軸に、3D光学ポジショニングと専門的な医療用ソフトウェアをコア技術とし、既に開発されている外科手術用ナビゲーションシステムは、台湾国内の医療機関や学校に提供され、さらに世界中の医療機関に販売されており、トレーニングから臨床まで医療品質と安全性の向上に努めています。また、海外の取引は欧米・アジア主要地区に拡大しています。  

「”RETINA”手術用ナビゲーションシステム」は2017年10月衛生福利部のTFDAに登録され、主に脳神経外科、耳鼻咽喉科、整形外科、頭蓋顎顔面外科、口腔外科などでの低侵襲手術と安全かつ正確な位置選定に使用されています。2018年11月にCEを取得、現在米FDAの申請中です。傷口を最小限に抑え、より正確な治療を行えるよう、今後も低侵襲手術用ナビゲーションシステム関連機器の研究開発を進め、世界の主要ブランドと提携していきたいと思っています。 

製品・サービス「RETINA」手術用ナビゲーションシステムは、脳神経外科、頭蓋顎顔面外科、耳鼻咽喉科、整形外科、口腔顎顔面外科や各種低侵襲手術のナビガイドに適応しており、医師の手術中に器具を病巣までナビゲートし、同時に医療画像(CT、MRI、内視鏡など)の提供をサポートします。従来の手術と比べ、傷口が小さく、リスク軽減・回復期間の短縮が可能となり、より安全で精密な低侵襲手術を実現します。  
主な顧客・取引先販売代理店:
アメリカ大陸-ブラジル、チリ等
ヨーロッパ地域-チェコ、フランス、ギリシャ、イタリア、トルコ、ロシア等
アジア地域-中国、インド、フィリピン、カザフスタン、韓国、日本、タイ、アラブ首長国連邦、ベトナム、マレーシア等

少しでも気になった場合はお問い合わせください。掲載企業の詳細な資料のご提供と、貴社ニーズに合わせた提案を致します。