IoTソフトウェア・コンテンツ
台湾
アドバイザーからのポイント

妊娠中の胎児や乳幼児が利用できるスマートケアIoTで在宅ヘルスケアが可能になります。 

会社概要

澔心科技股份有限公司(SiriuXense)
設立年2020年
従業員数1-10人
資本金非公開
直近の売上高非公開
ステージシード
分野

事業概要

当社の胎児ケアデバイスは、ベータテストと妊娠中の方を対象に長期の使用テストが行われ、継続的な安全性があるケア内容は使用者にも好評を得ており、今後生産ラインの配置や海外チャネルの拡大を順次行う予定です。現在、一般的に出回っているドップラー胎児心音計は、超音波で胎児のケアを行うため、長期間の継続的な介護または一般家庭での使用には適していません。しかし、澔心科技の開発したパッシブ・センシング技術は、臨床のガイドライン(Clinical Guideline)に基づいた家庭での胎児ケアを可能にしました。このケア装置を乳児のおむつに装着するだけで、重要なバイタルサインを検知し、安全を確認することができます。また、世界初の赤ちゃんの胃腸AIモデルで赤ちゃんの喜怒哀楽も分かる様になりました。市場に出回っている湿度やマットレスの圧力、光センサーによる血中酸素の測定を利用した製品では同じ効果は得られません。大切なお子様が安心して成長できるよう、良いビジネスパートナーを見つけ、共に製品を広めていきたいと願っています。     

今後は、台湾で臨床研究・販売後、海外進出のため国外の親子関連のブランド、または国外販売可能な代理店にアプローチする予定です。 

製品・サービス革新的な声紋センサー技術とアルゴリズムをヘルスデータプラットフォームと連結し、各年齢層に適したウェアラブルIoTで妊娠中の胎児や乳幼児のためのスマートケアIoTでユーザーの皆様にあらゆる方面から安心できる在宅ヘルスケアをお届けします。 
主な顧客・取引先仕事と家庭の両方でケアが必要な、妊娠26週以降(単胎)の女性と新生児の両親 

少しでも気になった場合はお問い合わせください。掲載企業の詳細な資料のご提供と、貴社ニーズに合わせた提案を致します。