バイオ・ライフサイエンス
台湾
アドバイザーからのポイント

タブレットPCとウェアラブルデバイスによって自宅でリハビリテーショントレーニングを行うことができる遠隔リハビリテーションを提供します。

会社概要

谷盺生物科技股份有限公司
設立年2017年
従業員数1-10人
資本金非公開
直近の売上高非公開
ステージアーリー
分野

事業概要

主に整形外科手術後の患者向けに、個人のリハビリケースの最適化と医療スタッフ間の医師患者関係を管理するサービスを提供します。コンサルティングサービス、遠隔リハビリテーション、機能訓練、福祉用具、栄養補助のアドバイス等の機能を統合し、術前相談から術後のリハビリまで、運動機能訓練からテレヘルスまで、当社は医師と患者のエコシステム完備に努力を続けます。
昨年からのコロナ流行により在宅リハビリテーションのニーズが激増しています。今年の目標は台湾の各医学センターの整形外科を始め、地方の中型販売店との提携で市場開拓及びシェア獲得を加速させることです。海外エリアはチャネルを持つ販売店を戦略的パートナーとして優先的に提携を考慮し、技術・サービスライセンス付与の方法で地域性によりビジネスモデルを調整していきます。

解決する課題整形外科術後の現況:患者は退院後、執刀医と良好なコミュニケーションを築けていない。術後の傷口ケアにおける薬の交換は在宅や付近の診療所、退院した病院での外来になるが、医師のアドバイス通りにリハビリを行っているか知る方法がない。痛みを恐れてリハビリを行わなかったり、付近の治療所で温熱療法や電気療法を行ったり、接骨院で民間療法を尋ねたり、リハビリテーション科を外来で受診する可能性がある。しかしこれらの情報を執刀医は全く把握していない。1カ月後の再診でやっとリハビリの効果を評価してアドバイスが可能になる。
製品・サービス愛復健は個人のリハビリケースの最適化と医療スタッフ間の医師患者関係の管理に尽力している。コンサルティングサービス、遠隔リハビリテーション、機能訓練、福祉用具、栄養補助のアドバイス等の機能を統合し、術前相談から術後のリハビリまで、運動機能訓練からテレヘルスまで、当社は医師と患者のエコシステム完備に努力を続ける。
主な顧客・取引先初期は整形外科手術後の患者を主なターゲットとし、外来患者、脳卒中患者、慢性疾患患者、その他リハビリが必要な患者へ対象を拡大している。高齢者(被介護者)、若年成人(科学的介護を重視)、および各年齢層の要支援層の機能訓練を含む。
強み・差別化要素愛復健の特徴と強みは退院前に患者と医師を繋ぎ、継続的で能動的なケアにより、回復段階ごとに対応するサービスを提供する。また文字、写真、機能スコア、モーションセンサデバイスで即座に患者の問題を解決して、焦りを取り除き、患者のスティッキネスと信頼感を向上させて、プラスの医師患者関係のサイクルを形成する。

少しでも気になった場合はお問い合わせください。掲載企業の詳細な資料のご提供と、貴社ニーズに合わせた提案を致します。