バイオ・ライフサイエンス
台湾
アドバイザーからのポイント

世界的な薄膜トランジスタ液晶ディスプレイメーカーが開発したX線フラットパネルセンサです。台湾での一貫生産体制を確立しています。

会社概要

睿生光電
設立年2019年
従業員数101人以上
資本金非公開
直近の売上高非公開
ステージアーリー
分野

事業概要

睿生光電は人体用、動物用、工業用などのX線フラットパネルセンサを世界各地にプロモーションするだけでなく、台湾でもX線フラットパネルセンサの製造技術があることを証明しました。同時に、台湾の医療機関とも産学連携を積極的に進め、医療現場のペインポイントを理解し、医療の精度を向上させ、効率化を進めるためのサービスの提供に全力で取り組んでいます。

今後のインテリジェント医療の発展に伴い当社が重視する事柄:
・ 各種検出器(Bluetooth, NFC等)と組合せたハードウェア
・ 画像処理、最適化などに合わせたソフトウェア 
・ インテリジェント機能強化のため、積極的にAI、5Gを導入

製品・サービスX線フラットパネルセンサ 
プロダクトデザインの計画:
・ 解像度 : 140um → 100um
・画像 : 2D → 3D, 静止→動体検出
・エネルギー : 単一エネルギ→ 二重エネルギー (硬軟組織の分離, より正確な病巣の検出と診断)
・耐久性 : ガラス→壊れにくい柔軟性のある基板 (動くことが不便な患者にも対応でき、X線撮影がスムーズに行える)
・軽量化 : 重量3kg未満 (医師などが持ち運び可能で、山間部や僻地などアクセスが限られた地域でも使用できる)
主な顧客・取引先国内外の医療機関、国際的な医療機器メーカー

少しでも気になった場合はお問い合わせください。掲載企業の詳細な資料のご提供と、貴社ニーズに合わせた提案を致します。