IoT
台湾
アドバイザーからのポイント

APCO(Advanced PhotoChemical Oxidation)空気清浄機や表面除菌剤、より効果的に微生物を分解する技術でパンデミックを予防。コロナウイルス除去を検証するためにP3ラボも組織している。

会社概要

台灣艾特維股份有限公司 (Aether Services, Taiwan, Ltd.)
設立年2013年
従業員数11人-50人
資本金-0.1億円
直近の売上高1億円以下
ステージミドル
分野

事業概要

個人のヘルシーライフをサポートするスマートIoTデバイスの開発製造を行う。デジタル化された”替え刃モデル”のビジネスモデルを展開。コロナ後の生活におけるAPCO殺菌技術を保有している。
小売業者、オンライン小売業者、医療/高齢者介護/建築代理店のチャネルを通して、APCOの殺菌技術とSUVIOSブランドを日本市場に参入していく。競合企業はシャープ、パナソニック、ダイキンなどの家庭電化製品ブランドなど。
今後は、BtoCのSUVIOSブランドと商品を日本市場で販売、宣伝するための流通及びチャネルと提携や日本の家庭用電化製品メーカー、システムインテグレーター、住宅建築業社、高齢者介護システムなどとキーアカウント提携を進める。

製品・サービス次世代型ヘルスエアロボット:スマートライフのために設計されたAIoT清浄機
主な顧客・取引先BtoC:アレルギー、喘息、または呼吸器官の敏感な消費者
BtoB:家庭用電化製品メーカー、衛生機器"
強み・差別化要素空気清浄機のデジタル化のパイオニアであり、製品ラインの拡張は医療、環境そしてIoT知識を兼ね添える。
台湾市場におけるビジネスモデルの概念実証に成功しており、経験豊富な実業家が運営マネージメントチームとしてグローバル戦略展開をリードしている。
また、チームはFMCG市場とIoTについて強力な知識と経験を持ち、強力な製品設計と強力な”替え刃モデル”のビジネス戦略を展開。
80%の消費者がダウンロードしたAPPは、顧客データの知識を増やし、顧客体験とロイヤルティーを向上させる。
環境や医療だけでなく、ウイルス除去のための空気清浄機を作った先駆者