バイオ・ライフサイエンス
台湾
アドバイザーからのポイント

アプリで閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)の診断、治療を支援

会社概要

設立年2016年
従業員数1-10人
資本金~0.1億円
直近の売上高~1億円
ステージシード
分野

事業概要

B2B(Business to Business)のビジネスモデルを通じて、医師がOSA患者を診断し、呼吸器系狭小化の評価レポートを発行するソフトウェア「Soteria One Point Zero」を病院に販売しています。 病院の医師を通じて、OSA患者は享睡寶App(睡眠系アプリ)をダウンロードし、Soteria One Point Zeroの呼吸器系の狭小化やオキシメーターの評価レポート、さらには睡眠装具や人工呼吸器などの医療機器を見ることができ、そこから精度の高い診断と治療サービスを受けることができます。

ソフトウェアの販売については、すでに病院情報管理システムのベンダーと販売代理店契約を結び、そのベンダーがSoteria One Point Zero製品のプロモーションと販売を担当しています。また、人工呼吸器や睡眠用装具の分野では、サプライヤーとの製品の供給契約を結び、売上拡大と利益向上を目指しています。

主な顧客・取引先医療機関、病院、介護療養施設、保険会社、健診センターなど
今後の事業展開ソフトウェアの提供といびき対策のマウスピース製造などの睡眠用装具を提供。台湾市場での販売拡大、海外市場へも展開していく。