IoTバイオ・ライフサイエンス
台湾
アドバイザーからのポイント

トイレの中の排泄物にヘモグロビンが含まれているか否か検出するために開発、設計された光電子製品

会社概要

設立年2017年
従業員数11人-50人
資本金-0.1億円
直近の売上高非公開
ステージシード
分野

事業概要

当社は血液の生物物理学に注目し、ヘモグロビンセンサーの開発を目的に、ヘモグロビンの信号があるかどうか特定する光学検出方法を実用化しました。また、当社は水、クロロフィル、ルテイン、アントシアニン、オレイン酸などのノイズデータベースを有しており、たとえトイレの排泄物溶液が複雑であっても、アルゴリズム分析技術によって血液が含まれているかどうかを判断し、陽性か陰性の判断結果を得ることができます。当社の製品及び技術は独創性と独自性があり、現在10件以上の特許を出願しています。

主な顧客・取引先個人による自宅での検出をメインのユースケースと想定しています。効果的な治療のために早期発見が重要です。
今後の事業展開1.ターゲット市場:50歳以上の結腸直腸腺がん、ポリープまたは腫瘍のある人 2. GTM戦略:展示会、オンラインプロモーション、ODM 3. 収益モデル:BtoB、BtoC