ポイント!

前臨床試験にて、構造のADMET(吸収、分布、代謝、排泄、毒性)及び薬物動態特性等の化学特性を予測することができます。
設立年従業員数資本金

2019年

1-10人

1000万円以上1億円未満

事業概要

当社は新薬の前臨床実験結果を予測し、最適な医薬品開発ガイドラインを提供します。ディープラーニングと医薬品開発の専門知識を融合させることで、従来の予測ツールよりもエラー率を60%削減し、改善された分子構造の提供も可能です。
従来のAIのようなブラックボックスではなく、解釈可能なプロセスを開示することで、自分自身でAIモデルの分析結果を理解し、スピーディに改善が出来るようになります。正確で分かりやすい予測結果により、分子構造の修正案を組み合わせることで不要な実験を減らし、時間とコストの削減にも繋がります。

主な顧客低分子医薬品メーカー
今後の事業展開低分子医薬品メーカーと提携し、既存の医薬品開発プロセスへの当社ソリューションの導入を推進します。日本、アメリカへ展開します。